2016年09月13日

同人誌:囲碁を楽しむ本 stroll (いなきた鉄道)

囲碁×女の子×コミケ。
この組合せを実現している希少な同人誌の存在は2年程前より知っていました。
しかしごく最近、その発行者さん(いなきた鉄道さん)は
6年半前(同人誌発行前)に当ブログのこの記事内で言及・トラックバックさせていただき、コメントいただいた方だと気付き
運命めいた衝撃を受けています。

ということで購入しました。
(通販サイト COMIC ZIN様にて購入できます。⇒サークルページ
stroll.JPG

表紙は各号、可愛い女の子×囲碁なイラストで、
かつ囲碁要素も、囲碁界隈をよく知った人でないと描けない要素がフィーチャーされています。
(Vol.1 ハートの詰碁(向井梢恵プロのウェディングケーキ)
 Vol.2 囲碁未来(文字は「囲碁教室」って書いてあるけれど)
 Vol.3 GO Ark (http://goark.jp/ ))

内容も多種多様で、
私が購入できたVol.3, 4だけでも、
・囲碁カフェや囲碁イベントなどの紹介と体験レポート
・宇城はやひろさん(代表作:みことの一手!など)や加藤文枝さん(代表作:いしのおと など)による、
 書き下ろし囲碁漫画作品
"囲碁界の悪女"こと稲葉禄子さんを初めとするゲスト寄稿
・対局時計や免状などの囲碁アイテム紹介
・囲碁を織り交ぜた、青春フラグ系小説(Vol.3) (個人的には、この続きが(現在進行形でも)読みたいです。)
と盛り沢山。

更にVol.1, 2(完売のようです通販で販売停止のものは、発行者様個別対応とのことです)では、
・声優ささきのぞみさんと下坂美織二段のレッスン&対談
・特集「2桁級の囲碁の楽しみ方」
と、とても魅力的な内容があるようです。


内容がとても作り込まれていて読み応えがあります。
発行にはかなりの労力が掛かっていると思います。

特にすごいと思っている点が2つあります。

一つは、執筆陣の豪華さ
かなり有名な方々が執筆に加わっています。
(ささきのぞみさん、意外と自分アニメ見てないので分からなかったのですが、
 ジュエルペットのサフィー役と聞き驚きました。娘がサフィー大好きなのです。)
他者に作業を依頼するのは、たとえ相手が家族や同僚であっても
とても労力の要る・神経を使うことでありますが、
多方面の著名人に依頼し、それを纏め上げ形にするのはとても大変な事だと思います。

もう一つは、身体を使って執筆していること。
囲碁カフェめぐりも、囲碁イベントレポートも、
執筆者自身が実際に出向き、リアルに体験し、執筆しています。
同人誌は、リアルなものなのかも知れません。
対局時計なども、実際のハードウェアとしてリアルな物です。
ネットから碁に触れ始めた層には、このリアルとの架け橋になる情報は
ネットからは得難い、新しい一歩が開ける興味深い情報であると思います。
(自分も、無性に対局時計が欲しくなりました。)

stroll = 散歩。
囲碁の風を感じながら自分の足で歩くための手引きをしてくれる、
とても良い囲碁情報誌と思います。


このバイタリティ・行動力の強さに敬服します。
自分も、キーボード打ってるだけでなく、もっと頑張らないと!と思えました!


追記(2016/9/27)

その後、発行者さんと直接やりとりして、
通販サイトで購入できなかったVol.1, 2を入手できました!
stroll2.JPG

Vol.1, 2は、囲碁イベント参加記の他に
多くのボリュームを持っているのが、
声優 ささきのぞみさん・長島瑞枝さんと、
下坂さん・稲葉さんとの囲碁体験記 & Girl's Talkです。

これがかなり読み応えがあります。
囲碁の話抜きでも興味深いトーク内容だと思います。
囲碁と、声優・演劇の世界、一見共通点は無さそうですが、
答えが無く、それゆえその人独自の価値観を出さないと存在できない、
実力主義のシビアな世界に生きる表現者として
驚くほど共通することがあるのです。
(人柄が如実に反映されるところなど。)
これ読んでると、全く別の世界ですが演劇の世界にも興味が沸く、
とても良い対談だと思いました。

また、囲碁カフェや若者向け囲碁サークルの紹介も
やはり創刊号から充実しています。
一貫しているのが、紹介される囲碁スペースが、
従前の囲碁囲碁した雰囲気じゃなく
お洒落なカフェやバー・サークルの雰囲気で、
普通に行きたくなります。
(Vol.2のマンガの落ちにもなっています。)
囲碁はおまけくらいのさり気なさがあり、
このスタンスが普及には大切なんじゃないかと思います。
(まず、居心地良いところにしないと、定着しないでしょうから。)
posted by curren at 00:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 - 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログに取り上げていただきましてありがとうございます。
Vol.1、Vol.2については完売ではなく、イベントに併せて在庫を一旦引き上げたまま際委託をしていないだけです。

ただの手筋の解説、詰め碁集を作る技量もないので、旅をしながら、もっと気軽に、カジュアルに囲碁を楽しむ方法ってないのかな?と模索してなんとかVol.4まで出すことができました。
Posted by 小林秀信(いなきた鉄道) at 2016年09月14日 00:03
コメントありがとうございます。

従来の「囲碁」のイメージとは違い、
カジュアルな題材の選び方が素敵と思いました。

発行は大変と思いますが、
新刊を楽しみにしております!
Posted by curren at 2016年09月14日 05:11
多趣味だと、異種格闘技というか、色んな組み合わせが思いついてまして。執筆陣についても、虎の威を借る狐的なところもあるんですが、引き受けていただいたことに感謝するしかありません。

向井梢恵さんの詰め碁も、Twitter上ですが、ご本人に使用許可を取っています。
Vol.4の表紙も…実在する場所を元に原案を出し、漫画家さんに描いて頂いたものです。

他にも小ネタを入れていたりしますので、見つけてクスリとしていただければ幸いです。
Posted by 小林秀信(いなきた鉄道) at 2016年09月14日 22:03
遅くなりましたが、こちらにもコメントありがとうございました!

自分も自転車も乗りますし、そういう複合も面白いと思います。
いろいろ楽しんだり、工夫したりして作っておられるのが誌面に現れていると思いました!
Posted by curren at 2016年09月27日 00:44
Vol.1,2の追記ありございます。
体験したことなのですが、せっかく温泉地に来たのに、囲碁打って終わるとか、一人では入りにくい碁会所とか、あります。
ネット碁で団体戦チームのメンバーと遊びに行ったりとか、直近では湘南ひらつか囲碁まつりに行って、棋譜取りながら千面打ち体験して、懇親会でお話しして、扇子に署名サイン貰ったり、カジュアルな囲碁の楽しみ方を追求していきたいです。
歴史的なボードゲームを知っていくと、将棋やオセロ、モノポリーなどの興味を持つようになると思います。それの発展系がトライボーディアンだったりすると思います。
お隣の業種への相互乗り入れもやってみたいですね。
Posted by 小林秀信(いなきた鉄道) at 2016年10月02日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック