2007年04月07日

囲碁マンガを読ませた後、如何に囲碁をやらせるか対策大賞

他の囲碁ブログさんでも話題になっていますが、
日本棋院が「囲碁マンガ原作大賞」と言うことで
囲碁マンガの原作を募集している。

これはまた、
ヒカルの碁の過去の栄光を忘れられず、二匹目のドジョウを狙った安直な
囲碁文化の浸透に「マンガ」という子供にも大人にも影響力のある手段を選んだ好企画ですね!

募集内容には
> 内容は囲碁の楽しさ奥深さを伝えるもの。
> 主人公が囲碁で活躍するなど、読者が囲碁を打ちたくなるものが望まれる。
とある。

ストーリーは創作も良いんですが、
実は何気に今の若手四天王の台頭の構図は
少年マンガの旨み要素である、
「主人公の成長」「ライバルとの激突」を含んでいて
面白いんじゃないかな〜と思う。


それはさておき
早速私も一本原案を考えてみました。


シンジの碁

小学生のシンジは、物置で古い碁盤を見つける。
その碁盤に付いたのシミを見ていると、声が聞こえてくる。
「俺の声が聞こえるのか?」

すると目の前に、
見るからに只者では無さそうな老人が現れる。
藤沢佐為狂(ふじさわの さいくる)と名乗るその老人と、
シンジとの囲碁物語が始まる...

生涯のライバル、ケイゴや、
ナオキ、チョウウとの熾烈な戦い。
古豪達も世代交代はさせぬとばかり、全力で迎え撃つ。
様々な激闘と苦悩の末、遂に名人のタイトルを手にする。

就位式の朝、また放浪の旅に出てしまった佐為狂が夢に現れる。
夢の中で佐為狂が手渡したものは、競輪のチケット。
「一人前と認めてくれたんだ...」
シンジは感無量で就位式に臨んだ。

しかし世界戦では、依○団長率いる日本チームは韓国に惨敗してしまう。
シンジの戦いはこれからも続く...

※この作品はフィクションです。実在の人物とは一切関係ありません。


で、気になるのは、
仮にヒカルの碁に匹敵する名作が誕生したとして、
恐らく日本棋院が目論むその先、
囲碁プレイヤー人口増加に繋げることができるのか?

ヒカルの碁のときのように、みすみすチャンスを逃すのか?
作品を凝結核として、囲碁というゲーム自体の発展に繋げる方策を
事前に準備してあるのだろうか?
むしろそっちの方を先に公募したらどうだろう。
「囲碁マンガを読ませた後、如何に囲碁をやらせるか対策大賞」
ってことで。

ぱっと思いつく限り、過去記事にも書いたのもあるけど、
・そのマンガのキャラを使った、囲碁入門マンガを発売する。
・とりあえずアニメ化して、映画化もする。
・DSでゲームを発売。Wi-Fiで世界中の友達と対局できる。
とか。
posted by curren at 17:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 - 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもです。都筑てんがです。

囲碁マンガ原作大賞…。

「ヒカルの碁の次のヒット作、出ないかなぁ」と、来るかどうか分からない「木の根に激突死したウサギ」を「待ちぼうけ」してるような感じが見え隠れして、なんかちょっと嫌な自分がいたり。

…とりあえず突っ込みを入れてみたりとか。


●「大賞は加筆修正の後マンガ化」とあるが、どういう媒体を用いてその漫画を世に出すつもりなのか。

 ・碁ワールド?囲碁未来?その他の囲碁雑誌に掲載?既存の漫画雑誌に掲載?それとも書き下ろしで単行本化?何かのムックのおまけ?それともWebで連載とか?


●ていうか、誰が漫画を描くのよ?

 ・同じ話でも、作画によって漫画の出来が全然違ってくると思うのですが、そこんとこどうなってるんかな?

 ・ていうか、絵が描ける人だったら、原作を作るより、16ページ〜32ページぐらいの読み切りを描いて投稿した方が早い気もがするのだが、そこんとこどうなんだろう…。


●どの層をターゲットに話を描けばいいのか?

 ・男の子向け?女の子向け?少年向け?少女向け?大きなお友達?ショタコン?若干エロOKのヤング向け?レディース向け?30過ぎのおっさん向け?そこんとこどうなんだよ…と。

 ・掲載メディアや、ターゲット層が分からないことには、どんな話を書けばいいのか難しいんじゃないか…と思うんですが…。

…。
……。
………。

 ていうか、この賞を作った人たちって、普段漫画を読んでるのかな…。
Posted by 都筑てんが at 2007年04月09日 00:53
 コメントありがとうございました

 素人発案の囲碁マンガなどというカッタルイことはやめてキムタクを懸賞打ちのヒーローに仕立て、30分1本勝負の連続ドラマを作ればあっというまに囲碁は普及するだろうと愚考するのでゴンス。
Posted by あど at 2007年04月10日 20:35
都筑さん <
確かにご指摘の通りですね!
ヒカ碁はそのストーリーだけでなく、
「美麗な作画」で「天下の少年ジャンプ」で掲載されたからこそ
囲碁マンガでありながら多くの人に読まれた。
これでじゃあ掲載は「碁ワールド」とかだったら
意味無いですよね...(案外ありそう...)

あどさん <
ジャニーズタレントの力は偉大。
SMAP×SMAPなんかで囲碁対決とかすれば
女の子もたくさん興味を持つかもしれませんね。
Posted by curren at 2007年04月13日 22:16
囲碁ソフトの展開方法としては。

●5人ぐらいの女の子と囲碁を打って仲良くなる「萌える囲碁入門ソフト」を発売。

●上のソフトに出てくる女の子それぞれに、詰碁・手筋・布石・定石・ヨセなどのジャンルを割り振った、「キャラクターファンディスク」と称した囲碁問題集を発売。

 鍛えたいジャンルで選ぶもよし、好みの女の子で選ぶもよし。

…。
……。
………。

…そんな「それいつの時代のコナミ?」みたいな商魂は持ってもいい気がすると思うんだ。
Posted by 都筑てんが at 2007年04月16日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

#1082 囲碁マンガ原作大賞
Excerpt: 「囲碁マンガ原作大賞」の募集要項決まる ―6月より募集開始― 日本棋院初の試みだ。【内容は囲碁の楽しさ奥深さを伝えるもの。主人公が囲碁で活躍するなど、読者が囲碁を打ちたくなるものが望まれる。作品形..
Weblog: おおなかこなか
Tracked: 2007-04-10 05:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。