2010年02月26日

中間報告 - 開発状況(2010/2/25)

開発停滞中。
対局後・棋譜並べ完了時のページ転送機能は実は実装済でしたが、
帰ると疲れて、エロクイックス囲碁かまけてしまいました。
hidewさんのアプリやったり、nipparatさんのコメント見たら打ちたくなって、KGSのアカウント復活させた)

本来はこのページ転送機能によりかなりの道が開ける
(対局結果(勝利・敗北・持碁)に応じたご褒美や、ストーリー付け・次ステージに進む処理の実現、
 棋譜並べタイムのDB登録(ハイスコアランキング、PHP併用)など)
のだが、
転送先ページを作る作業が進んでません。

ここで停滞したらその先も無いと思い、
とりあえず対局Appletに敗北時のページ転送を付けました。
(ただし非常にショボい。非常に悪い例である。
 本当はせめて各対局結果ページにアクセス解析貼り付けて、
 人々がどれくらプレイしているのかを計ろうと思ったのだが、
 上手く機能しないようである。)


エロクイックスやりながら思ったのだが、
極端な話、ページ転送機能さえ付ければ、
モチベーションを高めるための本質と思われる
「ご褒美」「やり込み」を実現できるのかも。
(着手時の派手な演出なども重要な事項だが、あくまでサブである。)
単純にページ転送機能のある汎用囲碁アプリがあれば、
後は転送先のページ内容や転送ルートで何とでも工夫ができるのかも知れない。
しかしそのような囲碁アプリは現在存在しないのである(多分)。

そして、今のウチのアプリに足らないものは、
マトモな囲碁対局機能である。
純碁は敷居としては良いのかも知れないが、
やはりその先の囲碁を知るためには物足りない。
KGS 29Kのボットと対局するような、のれんに腕押し感しか残らず、
囲碁やったな〜、という感じにはなれないのである。

その辺りについても、早めに対処したいなぁと思う。
そもそもこのアプリを開発し始めた理由は、
自分が楽しく囲碁を打ち続けられる環境が欲しかったからなのだから。
(かと言って、時間も無いんで正攻法で作ろうとするつもりも無いのだが。)
posted by curren at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 - 囲碁アプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。