2010年02月03日

まんがタイム & ブロガーおすすめPCキーボード

今話題の囲碁マンガ「白黒つけましょ!」→過去記事)掲載の
まんがタイムスペシャル3月号買いました。


100202-234719.jpg今号での1コマ。
(左記画像問題あったら削除します。)
この元ネタも囲碁知らない一般読者は理解可能なのだろうか?
変な気を回してしまいます。

囲碁界隈の方でも気にしている方多いですし
こちらの方とか。
囲碁マンガについてかなり興味があるようで、かつ過去記事も工□ゲだったりゆいにゃんだったりで、私とは美味い酒が呑めそうです。
同じ囲碁マンガでも、三村九段がお勧めされている囲碁マンガは残念ですが私ちょっと食指が動きません。)

今後の動向が気になります。





前回は実は締切過ぎてて応募できなかったアンケート書くために
一通り掲載作品を読んでみました。

・萌え系雑誌とは思えない画風だが、シンプルかつ高度に芸術的・絵画的でストーリー的にもホロリとくる作品(こんな感じ)
・変に媚びてないが単純に絵が可愛い作品(こんな感じ)
・4コマと油断していると最後の1本でトキメキのツボを突いてくる作品(こんな感じ)
21世紀を忘れさせるような、トラディッショナルな作品(こんな感じ)
など、さまざまな作品が300円の雑誌1冊に詰まっており、
過去記事でちょっと馬鹿にしてしまった
このような4コママンガ雑誌の立ち位置ですが、
日々急いて生きているこの世の中、立ち止まって、
小学生の頃のようにただ笑うことの重要さを感じさせてくれました。
(※馬鹿にしてません。)


脈略も無くおすすめ商品紹介。
PC付属のキーボードが壊れたため、
折角なのでちょっと良さめなキーボード買ってみました。


静電容量方式と言う耐久性・信頼性に優れた仕組みや、
小指でタイプするキーの加重が軽めに設定してあるなどという
プロユース向けの工夫はまあ置いておいて、
ただ単純に打鍵時の感触・感覚が気持ちいい。

キーの質感が(適切な表現かは分からないが)でできたような
軽くかつほどよく硬い材質で、
タイプする時の「カタカタ」ではなく「コトコト」「カロカロ」というような
上品で小気味良い音を立てるのがとても気持ちいい。
それにキーを押し下げ切ったときの底付きのカッチリ感
厚い鉄板が底に入っており、ふにゃった感じが全くしない。


PCを趣味とし15年。
生業もPC関係の自分として、
この最も人間に近いPCデバイスへの投資には価格以上の価値を感じる。
何よりキータイプが楽しくなり、
ブログ記事への荒らしコメントに返信したくなっちゃうほど。
これ。小沢氏が外国人参政権にこだわるのはこの件が関係してたりして。)
そんなおすすめ商品紹介でした。
posted by curren at 00:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 - 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宣伝して頂き有難うございます。
週刊GOは、分かるかどうか怖いですね@w@;
ちなみに天元坊という漫画は、
なんか良くわからないけれど読んでしまう
謎の魅力があります@w@;;
Posted by はやひろ at 2010年02月04日 14:31
はやひろさん<
こんな失礼極まり無いブログに
またお越しいただきましてありがとうございます!

週刊Goの元ネタはネーミングがストレート過ぎて
囲碁覚えたての頃衝撃を受けた覚えがあります。(笑)

天元坊、そう言われると気になります。
買っちゃうかもですw
Posted by curren at 2010年02月04日 22:16
遅いコメント失礼いたします。
トラックバックありがとうございました。

正直、自分のブログは滅多なことでは書かないので、今後参考になりそうなこととか書かせてもらっています。
#主に、IT Media誌へのトラックバックでしょうか…

まんがタイム系は、目当ての作品以外にも、読んでいけばおもしろいなぁという作品がいくつかありますね。
Posted by JI0SAU at 2010年03月10日 22:27
JI0SAUさん<
はじめまして!
お越しいただきましてありがとうございます!
結構視点が似ていると感じたので
言及してトラックバックさせていただきました。
私もITMedia見てます。
今後ともよろしくお願いします!
Posted by curren at 2010年03月12日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック