2010年01月18日

異色棋書購入(小林クンちのお部屋事情、ニャロメのたのしい囲碁入門、おしえて!!実戦囲碁)

先日囲碁漫画についてのエントリ書いた後、
ひょんなことからこのようなページを発見しました。
まだまだ知られざる棋書があるようです。
(棋書なのかどうか微妙なジャンルですが)

ということで早速勢いで購入してみました。
100117-231226.jpg

■小林クンちのお部屋事情

前回「白黒つけましょ!」初の萌え囲碁漫画ではないかという内容を書きましたが、
実はその前に既にあったようです。

絵はまさに萌えというか、そういう文化のほぼど真ん中に近い画風で、
(拡大画像や本編の抜粋がAmazonの「なか見検索」で閲覧可能です)
更に、低等身化が進む昨今にある中で、逆にやや若干等身高めなのなど
私の画風の好みこんなとかこんなとか(※年齢制限有)と合致するするものであります。
作中の作画も非常に丁寧で、表紙と同等の美麗な絵でストーリーが展開されます。

ストーリーについては、あまり書くとネタバレですが、
まぁ一言で言うならば、佐為女性バージョン。
氏神である幽玄さん(ある事情でちっちゃくなっている)と主人公
その他の人物との囲碁を介しての繋がりを描いており、
そうして紡がれる二人の純真な恋物語です。

エロくありません。
更に、萌え萌えしすぎず、無意味な日常描画や強引なお色気シーンもほとんどありません。
なぜ幽玄さんが小さくなって主人公と一緒に住んでいるのか。
なぜ泉(主人公の友人でプロ棋士。主人公の方が強い)も氏神と面識があるのか。
一見ご都合主義の設定・場面も、後の話できちんと意味付けが解決されていて
とてもしっかりした内容のあるストーリーであり、一般の方が読んでも十分面白いと思います。
結末についての私の感想としては、
(※注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分がちょっと明かされています。)
ヒカルの碁の「佐為」の「消滅」の逆展開の「ハッピーエンド」となっており、
ヒカルの碁読者としては救われるような気持ちです。
作者さんとしてもこれを描きたかったのではという気がします。(一旦「消滅」フラグをチラツかせるのも)


作中に細かい対局の描写や対局内容、棋譜は出てこなく、
囲碁のルールを知らなくても全く作品を楽しむ上で支障がありません。
ただちなみに、主人公の名前は秀哉(ひでや)
その他、囲碁用語や囲碁の世界観などがしっかりしていて、
それもそのはず作者様は囲碁を打つようです。(ソース
ヒカルの碁にハマって打つようになったのだと思われる。

私的には神的な作品と思っています。
(一回読んで、その日のうちにもう一回読み直した。更にこの記事書くのにもう一回読んだ。)
強いて言えば、タイトルが内容を的確に表していないのが残念な点。
Amazonなか見検索の3ページで事情説明が完了する)
しかしマンガをよく読む人の評価も高いようですし(参考)、
これが囲碁愛好家にもマンガ愛好家にもマイナーなのは勿体無い気がします。
続編希望。
(ねこと泉のサイドストーリーとかも見てみたい)
100118-201609.jpg

ぜひ万人にお勧めしたいのですが、
現在書籍現物の入手は困難のようです。
(Amazonはじめ主要なネット書店で取り扱い無し。中古でもレア。)
デジタルデータ(pdf)での販売というのもあるよう(こことか)なので、
興味持たれた方はそういった手段で読んでみるのもよいかと思います。
(一見万人にお勧めできなそうな表紙も隠蔽できるし)

それと、例によって、
是非当ブログの脱衣囲碁アプリとのコラボを...



■ニャロメの囲碁入門
100117-231609.jpg
以前の記事で若干言及したニャロメの麻雀入門の、囲碁版。
当時そんなものは無いかと思っていたのですが、あったのですね。

初版は昭和59年
中古で購入したこの本に挟み込まれていた、
このハガキ(しおりとして使用していたのでしょうか)を見ても
その時代が伝わってきます。
100117-231640.jpg

内容は、バカボン&おそ松くんなどのキャラクターが
ドタバタしながら囲碁を覚えていく、
赤塚節全開の作品。
赤塚ギャグを炸裂させる中で、囲碁のルールを追っていく。
既存のルール説明にポン付けでキャラクターを当てた作品とは一線を画しています。

構成について印象的だったのは、
打つ際のマナー終局の手順(ダメ詰めの方法など)について
手厚く解説が載っていたこと。
当然当時ネット碁なんてものは存在しなかったので当たり前と言えば当たり前ですが、
本当に「リアルで対局ができるようになること」を目標とした本なのだなと思いました。

ちなみに、巻末には25級の認定問題が載っていました。
100117-231950.jpg
応募用のハガキがあり、規定の点数以上獲得で
日本棋院より免状がもらえるとのこと。
これ、まだ受付しているんですかねぇ?
「ニャロメ係」はまだあるんでしょうか?
 ハガキの郵便番号は5桁切手も40円ですし...
 負担する実費額も、現在の免状の規約とは異なるようです。)


と言うことで、出してみました。(切手は流石に50円貼りました。)
100117-232804.jpg
バカです。
これで棋院に文句ばっかり言い、低俗なネタで品位を貶めている
このブログ主の居所が割れるため、
刺客が消しに来るかも知れません。




■おしえて!!実戦囲碁

完全に表紙買いです。

構成は、はじめにマンガでの導入が8ページあり、
本編はキャラの顔グラフィックが添えられている感じの形式です。
ニャロメの項で引き合いに出した、ポン付け的ではありますが、
まぁ、大人気キャラを旬が過ぎた頃に使用した某書の構成より頑張っていると思います。
100117-232050.jpg

内容については、前書きで
熟練者にはあたりまえの事だが初心者は疑問に思うこと、
熟練者は絶対に打たないが初心者は打つかも知れない変な手についてを手厚く書いた、
とありますが、
本書の3分の1が定石の説明に当てられているのが、
いいのか?悪いのか?という気持ちになりました。
(この辺りのこといろいろ思うところがあったのですがまた別の機会に...)



こうして私の棋書棚の中身が無駄に増えていく...
posted by curren at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 - 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、囲碁や将棋は頭脳の訓練にはいいですね、しかし
「外国人参政権」と言う言葉をご存知でしょうか。
「外国人参政権」は国を売る法案といわれています。1月の国会に提出されます。
今ならまだ遅くありません。ぜひ10分間インターネットで調べてみてください。あなた、あなたのお子さん、家族、あなたの未来に
何らかの係わり合いがあるかもしれません。今、あなたの日常の生活の外側で何かが起きています。
そしてその動きが大きくなりすぎて気がついたときには取り返しがつかないほどであったら、
あなたは諦めて受け入れるしかありません。
しかし、その変化を小さなうちに感じて、行動を起こせば、止める事が出来ます。
あなたがもし日本が好きで日本に生まれた事が良かったと思っているならぜひお調べください。
もしお調べになってご意見がおありでしたらメールアドレスに返信ください。
お邪魔いたしました。 「外国人参政権」「チャンネル桜動画 」        松田

Posted by 松田明 at 2010年01月20日 10:57
松田明さん<
こんにちは。
恐らく二度とこちらのブログには足を運ばれないだろうと思いますが、
囲碁と外国人に関する逸話としては以下のようなエピソードがあるのはご存知でしょうか?

-------------------------------------------
せっかくの優勝会見が心ないファンの一言で台無しになった。
趙治勲・祷陽子ペアの優勝が決まり、
大竹英雄九段(解説)・小川誠子六段(聞き手)に促されて
趙治勲・祷陽子ペア、小林光一・吉田美香ペアが
会場の舞台中央に並んだその瞬間に事件は起きた。

小林光一・吉田美香ペアが和やかに敗因を語り、
聞き手の小川誠子六段が趙治勲・祷陽子ペアに
勝因を聞き出そうとした時だ。

会場の客席最前列中央に陣取った老人(男性)が、
「外国人が勝った」という趣旨の発言を
趙治勲に聞こえよがしにしたらしい。

笑顔だった趙治勲はみるみる不快そうな顔になり、
「俺なんかもう40年も日本に住んでるんだよ。
そんな言い方止めようよ…」
と寂しそうな声で諌め始めた。

会場は一瞬にして険悪なムードに。
1000人近い観客で満員の会場は騒然となった。
慌てて大竹英雄九段が主催者に「退場させて」と促す。
会場係が問題発言をした老人を退場させようとしたが動こうとしない。

非礼極まりない老人を引きずり出そうとする会場係に
「いいですよ。そこまでしたら角が立つから」
と趙治勲が制し、やっと会場は静かになった。

趙治勲や王立誠は外国人とすぐ差別するのは日本人の悪いところ。
こんな了見の狭い見方しかできない日本人が
囲碁ファンの中にいるのは寂しい限りだ。
----------------------------------------

インターネットで調べたり、ホームページなど見たりしていませんが、
恐らく外国人への参政権の付与は
大筋でややすると危険な方向に向かう可能性というのは否定できません。

しかしながらこのような事例もあることも知っておいていただけたら幸いに思います。

以上、よろしくお願いいたします。
Posted by curren at 2010年01月20日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック