2009年05月26日

Javaで2Dアニメーション覚書

個人的調査メモ。
もしJava Appletでブラウザ上で動くゲーム等を作りたいと思っている
少数民族のお役に立てればこれ幸い。



Javaのグラフィック関連API
※大して調べていない上にうろ覚えなものをメモっただけ。
・awt - 初期より存在。一番基本的なもの(?)
・swing - 1.2より登場(?)。どちらかと言うとコンポーネント(ボタンとか)寄り。
・java2D - 1.4くらいから?2Dキャンバス描画の機能拡張。
・JOGL - JavaでOpenGLを呼べるように。3Dだけでなく2Dにも効果が大きいらしいが、JOGLのjarを含めるとかちょっと考慮が必要。
・(Java 1.6) - 描画関連のパフォーマンスが向上したらしい。
・javafx - なんだっけ?





Javaアプレットの見本たち

日和山Java研究所
http://woomy.dip.jp/hiyoriyama/index.html
マウス操作が引っかかるような感じな部分はあるが、
グラフィックはスムーズに描画されている。
結構昔の作品の時点でスムーズ。
ソースが公開されていないのが残念。

3Dダンジョン探索
http://www.chukkysoft.com/m-bara/My3D/main.html
モロタイトル通りのモノ。
java3DとかJOGLなんでしょうか?(ソース公開無し)
3Dは利用予定無しだけど参考に。

パーティクル、線描
http://summerclap.hp.infoseek.co.jp/test/Particle10000/
http://summerclap.hp.infoseek.co.jp/test/DrawLine2352/
よくBasicっ子とかがはじめにやる、ランダムで描画しまくるようなやつ。
と言っても、すっごい綺麗ですっごい滑らか。
でも、APIはawtしか使ってないんだよな。(ソース完全公開)
透明処理的な描画ロジックは自前だが、これもシンプルなもの。
ウチの汚くて遅いアプレットは何なんだ...

F-ZERO風描画
http://summerclap.hp.infoseek.co.jp/test/Ground1/
上記と同じ人。(この人のページ:http://summerclap.hp.infoseek.co.jp/test/
F-ZEROやったことないけど、FF6の飛空挺みたいな感じ。
地面の2D画像をアフィン変換(←良く分かってない)し3D的に見せる。
やはりawtのみ。マウスで操作可。

フライトシミュ・スペースシミュ(?)
http://www2.odn.ne.jp/~cdh88520/pfsa_top.html
http://www2.odn.ne.jp/~cdh88520/starship_battle_shimulator_top.html
すっごい本格的。グラフィック処理云々もそうだが、実務の匂いがする。
すごいんだけど、操作も本格的過ぎて動かせてません...
2つ目のは、とりあえずスターラスター思い出した。

カーシミュレーション(3D)
http://www1.jawink.ne.jp/koji-y/trash/t006/java.htm
180SXでしょうか?
スムーズに動きます。
これも業務くさい...

MSXとかエミュレータ
http://jmsxemu.classicgaming.gamespy.com/
凄そうだが、1.6では動作せず。1.4でも。
でも確かにiアプリとかのファミエミュ考えれば、できるんか。

JavaGamePlay.com
http://www.javagameplay.com/games.html
2D/3Dのゲームがたくさん。
これはもう普通に遊べる。
プレステ1くらいと同等のレベルだ。

虹裏のシューティングとかインベーダーとかさいたまのもぐら叩きとか
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/6003/
虹裏だし、上で紹介したのよりグラフィックの凄さとか技術ではやや劣るが、
技術的観点ではちゃんと安定して実用上十分な滑らかさで動いているし、
これくらい分かりやすくて簡単で短いと、ついついやってしまう。
これがアプレットゲームの踏まえるべき点なのかも知れない。

すいかが食べたい
なんとRPG。(それに3D。)
細かくはやってません。

JavaKazRace
http://v4.kazzuya.com/test/kazrace/
出だしのレースクィーンが笑う。
スピード感と言いグラフィックと言いリッヂレーサーみたい。
(やったことないけどアウトランかも。)

AREA FLAT 2
http://www.shiftup.net/java/AF2/AF2.html
3Dっぽく錯覚する2Dシューティング。
ドンパチ賑やかな感じがいいわ。


こうしてみると、
自分が思い描いている理想よりも数段も数十段も上のレベルのものが
軽々とJava Appletで実現できている。
心のどこかで「Appletだから...」と思っていた言い訳は
完全に間違いだったのだ。
作る人間の技術の無さでしかなかった。

とは言え、ソース公開しているところって殆ど無いんだな。
ソース公開まで行かなくても、どのAPI使ってるかだけは知りたかった。
posted by curren at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 - 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。