2009年02月28日

ナオとカンナ続報&ヒカルの囲碁入門

先に謝っておきますと、無責任な囲碁ブログですみません。
今宵も言いたい放題です。


前回記事で紹介したナオとカンナ
オープニングだけでなく本編も見てみました。(1回目だけ)

囲碁とはどんなゲームかとか、
どうしたら勝ちか、どうやったら石取れるかとか説明せず、
いきなり用語の説明から入るのはどうかと思いました。
「『小目』より高いから『高目』ですね」とか、
そもそも辺の安定感が分かんなければ、
中央が「高い」って感覚も理解できないだろうと思うんだけども。

ちなみにあたしが囲碁講座やるなら、まずは目的を説明します。
(物を教える基本な気もするんですが。)
ここで、囲碁ってのはなんだかんだでその存在自体の知名度は高く、
「石を取るゲーム」「陣を取るゲーム」ってことは風の噂で聞いてたりするので、
じゃあどっちが優先なの?っていう、
抱きがちな疑問も早急に解消するのがいいと思っています。


それと、ヒカルの囲碁入門、立ち読みしてみました。
コレ、絵を抜いたらまんま石○昇先生のいつもの囲碁入門本じゃないっすか!

全編マンガでの説明が望ましいですけど、
まあせいぜい各章の冒頭だけくらいがマンガかなぁ、と思いましたが、
マンガは無く、挿絵のみがヒカル。
そして恐らく全て、既刊のヒカルの碁の絵の使い回しっぽい。

それをするにしても、期を逃し過ぎている...。
(ただ一応、ヒカルの碁 完全版も出たみたいなので、
 それに合わせた発刊なのかも知れません。
 こちらは書き下ろしの表紙、コラムなど付加価値があり、好評のようです。)



いろいろ、勿体無いなぁ、勿体無かったなぁ(もう過去形)、と思うんです。
posted by curren at 23:05| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 - 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更ですがWii買いました。
「レッドスティール」ってFPSやってます。
外国人の考える間違った日本に浸れるゲーム。
サムライ、カタナ、ヤクザ、ニンジャ…。

操作に癖はありますが、WiiリモコンでやるFPSってのもなかなか楽しいです。

あとは囲碁ソフトの充実さえしてくれればなぁ…。

Wiiウェアとかじゃなくて、ゃんとしたパッケージ物で…。


>ナオとカンナ

アレは、すでに9路が出来る人が13路にステップアップするのが目的…ってバッサリと割り切った作りにしてるんだろうと思います。

その点に関しては「ま、しゃーないか」と割り切ってます。

ただ、9路から13路に上がる為の「姉番組」を作る一方で、全くの未経験者が6路やら9路やらで囲碁が出来るようになるための「妹番組」みたいなのも作って欲しいなぁ…と思う自分がいます。


>ヒカルの囲碁入門

いつもの石倉本ですね…。

描き下ろしの漫画があるでなく、本文もいつもの石倉本の内容に、適当に挿し絵を拝借…って感じですね…。

なんか、遊び心とか、茶目っ気が足り感じです…。
Posted by 都筑てんが at 2009年03月26日 04:22
都筑さん<
どうもです!

> ナオカン妹番組
9→13路の番組なんですね〜!
(結局2回目以降見てないもので...)
厚みとかの概念とかが出てくるの13路からで、
それって目に見えないものなので、
それはそれでありだけどやっぱり妹番組欲しいですね。

妹番組のことを考えると、今回のコレはカナで、
9路のほうをナホにすればよかったのでは、
更に言うと、→9路、→13路、→19路と3姉妹で考えるならば、
向ゲホッゲホッ、いや、なんでもない。

> ヒカ囲碁入門
見ましたか〜。
やはりここは、都筑センセ、お願いしますよ〜!
Posted by curren at 2009年03月29日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

マンガ囲碁入門
Excerpt: マンガ囲碁入門
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-06-21 13:11

マンガ囲碁入門
Excerpt: マンガ囲碁入門
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-12 20:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。