2011年02月13日

個人メモ:能力指標のパラダイムシフトと抑鬱状態

└─覚書
  ├─パラダイムシフト
  │ └─自分には能力が無い
  │   ├─能力とは
  │   │ ├─誤解
  │   │ │ └─勉強が出来る
  │   │ │   ├─例
  │   │ │   │ ├─テストで点が取れる
  │   │ │   │ ├─資格試験に受かる
  │   │ │   │ └─技術知識がある
  │   │ │   │   └─単純に期間的アドバンテージがあっただけ
  │   │ │   └─答えが用意されているものの答えを言うことができる
  │   │ │     └─レールの上
  │   │ └─真実
  │   │   └─頭が良い
  │   │     ├─応用が利く
  │   │     ├─臨機応変に対応できる
  │   │     ├─コミュニケーション能力がある
  │   │     │ ├─人との交渉・折衝
  │   │     │ ├─人間関係の構築
  │   │     │ │ └─雑談
  │   │     │ ├─結局人の世の中故、人への能力がどこでも必要
  │   │     │ ├─頭が良い≒コミュ力 に近いほど重要そう
  │   │     │ └─人を動かすことが出来る
  │   │     │   ├─独力で出来る仕事量は、自分の能力×1[人]
  │   │     │   │ └─他人より3倍優れていても、3
  │   │     │   └─人を使う仕事量は、他人の能力×使う人数
  │   │     │     └─凡人を10人使えば、10
  │   │     │       └─伝達ロスはあるにしろ
  │   │     ├─リアルタイムの情報処理能力
  │   │     │ ├─言葉の理解能力
  │   │     │ │ └─特に会話
  │   │     │ └─inputを受けての反応速度、反応精度
  │   │     │   ├─その場では手拍子で適当に受け答えてしまう
  │   │     │   └─自分の考えは一人でじっくり考えないと出てこない
  │   │     │     └─性格だと思ってたけど能力だった
  │   │     └─答えの無い領域でも答えを作り出すことが出来る
  │   ├─能力が無いことを受け入れるのに半年掛かった
  │   │ ├─断片的には分かっていた
  │   │ ├─勉強が出来る/頭が良い が根本的に別要素だと整理できたのが最近
  │   │ └─参考ページ
  │   │   └─http://blog.oowarai.com/?p=549
  │   └─無能力に気付かなかった理由
  │     ├─学校
  │     │ └─一番の能力指標が通信簿
  │     │   ├─学業成績の軸が重要視された
  │     │   ├─他の要素は重要視されなかった
  │     │   │ └─成績が良いことにあぐらがかけた
  │     │   └─どの学校でも大して努力せずとも上位
  │     │     ├─努力することを学べなかった
  │     │     ├─自分は特別という意識が多分芽生えた
  │     │     └─子供はいい学校に入れるべき
  │     │       ├─より上を目指すと言う理由ではなく
  │     │       └─変な特別意識を芽生えさせないため
  │     └─会社
  │       ├─期間的アドバンテージ
  │       │ └─学生時代からプログラムやってたリードを保ち続けただけ
  │       ├─モノを作ることが仕事の主体
  │       │ └─答え的なものがある
  │       └─人と対等に比較されることがなかった
  │         ├─初めからリーダー
  │         │ ├─というか一人仕事
  │         │ ├─何となく回ってさえいれば高評価
  │         │ └─仕事の難易度を評価者は把握していない
  │         │   └─元々大したこと無い仕事を、効率悪く大変そうにやっていただけなのかも
  │         └─その後もリーダー
  │           └─後輩との差を詰めさせなかった
  │             ├─下を育てていなかった
  │             │ └─仕事の囲い込み
  │             └─チームとして成長していない
  ├─領域
  │ └─ソフトウェア開発
  │   ├─下流工程
  │   │ └─モノづくり
  │   │   ├─答えがある
  │   │   │ └─実装が仕様を満たしていればOK
  │   │   ├─技術の領域
  │   │   └─モノができれば一人でもよい
  │   └─上流工程
  │     └─ルールづくり
  │       ├─答えが無い
  │       │ ├─仕様が要求を満たしているか?
  │       │ │ └─最適に満たしているか?
  │       │ └─要求自体がそもそも正しいか?
  │       ├─自分の考えが正しいと言い張る必要がある
  │       │ └─理由の説明
  │       └─他の人の主張と協調・対抗・説得する必要がある
  ├─鬱の目線
  │ ├─自信喪失
  │ │ ├─自分の考えていることが何一つ正しいと思えない
  │ │ │ ├─発言回数の低下
  │ │ │ ├─意見の撤回
  │ │ │ │ └─数時間検討の後の意見を、一言の否定で撤回する
  │ │ │ └─特に答えの無いもの
  │ │ │   ├─文章表現(言い回し)の指摘に抗せない
  │ │ │   │ ├─文章の分かりやすさとかある程度は人それぞれと思うが
  │ │ │   │ └─どうでもいいってのもある
  │ │ │   └─答えがある指摘はできる
  │ │ │     └─誤字脱字など
  │ │ └─否定への恐怖
  │ │   └─一概にそうは言えないけど、などの前置きを置きがちになる
  │ ├─想像力・創造力の破綻
  │ │ └─新しいアイデアが出ない
  │ ├─危機感・責任感・問題意識の欠如
  │ │ └─自分が出来ないのが当然と思ってくる
  │ │   ├─出来なくても何とも思わない
  │ │   ├─人にフォローしてもらっても当然と思ってしまう
  │ │   └─能力が無い自分がやるべきことではないと思う
  │ ├─言語能力の低下
  │ │ ├─上手く説明できない
  │ │ │ └─一度上手く説明できない
  │ │ │   └─自分の言葉で理解されないので、余計な言葉を付加する
  │ │ │     └─余計に理解されない、の悪循環
  │ │ └─言葉が纏まらない
  │ │   └─何か話そうと思って、纏まらないうちに話し出す
  │ ├─優先順位の錯誤
  │ │ ├─優先順位を決めるのに時間が掛かる
  │ │ │ └─決められない
  │ │ ├─重要でないことをじっくり考えたり
  │ │ ├─人と関わる必要のあるタスクを自然と後回しにする
  │ │ │ └─回避性人格障害
  │ │ └─視野が狭小になる
  │ │   ├─全体最適を考えられない
  │ │   └─囲碁など強くなるはずが無い
  │ ├─尻が重くなる
  │ │ ├─分かっていても出来ない
  │ │ │ ├─人と話すべきだと分かっているのに出来ない
  │ │ │ ├─人の目を見て話すべきだと分かっているのに出来ない
  │ │ │ └─このマインドマップを作成するのにも半年くらい掛かった
  │ │ │   └─更に問題の枝に「改善案」を記入できていない
  │ │ └─選択肢が出ない
  │ │   └─問題の発生した場面で、人と相談するという解決法があることが思い浮かばない
  │ └─無気力
  ├─評価の低下
  │ └─発言無視
  │   ├─有効な発言をしないので、頭のいい人(効率化する人)は自分の発言を無視する
  │   │ ├─頭のいい人でも無視しない人もいる
  │   │ │ └─無視することが全局で見て良くないと分かっているのかも
  │   │ └─発言の仕方や声の大きさの問題かも知れないが
  │   │   ├─発言の仕方
  │   │   │ ├─断定しない
  │   │   │ ├─結論を求めない
  │   │   │ ├─次のアクションに繋がらない
  │   │   │ ├─既出事項の表現を変えただけ
  │   │   │ └─そもそも分かっていない
  │   │   └─板書も無視される
  │   ├─悪循環
  │   └─発言しても評価を下げるだけ
  │     └─対外的な場での発言は会社の評価すら下げるだけ
  ├─性格
  │ ├─上記鬱の目線は、単に元来の性格傾向が顕著になっただけなのかも知れない
  │ │ ├─元々上記傾向はあった
  │ │ └─性格なのか能力なのか
  │ │   ├─能力
  │ │   └─上記が上手く出来る人は、単純作業が出来ない訳ではない
  │ ├─人との繋がりを重視しない性格
  │ │ ├─Human-Orientedな考えを持っていない
  │ │ │ └─持っている人は意識せずとも人と話す
  │ │ └─今までそれで何とかなってきたから
  │ ├─受動的な性格
  │ │ └─ファミコン買ってもほとんど見てるだけだった
  │ └─人格形成の理由
  │   ├─記憶力だかのお陰で、それで何とか良いと言われる道を歩いてこれたから
  │   ├─親の背中
  │   │ └─工夫とかしてきた感じを受けない
  │   ├─主体性を持つ場面が少ない
  │   │ └─他の人が喋りすぎる
  │   ├─自分の意見を通す苦労より自分の意見を飲み込む苦労の方が少ないので飲み込んでいた
  │   └─一人暮らしでネットしすぎて会話の機会が無い
  │     └─テレビなら若干マシなのか?
  └─改善案
    ├─この歳から改善できるものなのか?
    ├─今まで面倒くさいと思っていることを敢えてやると良くなるらしいが
    │ └─分かっていても出来ない
    └─まずは書くことで現状整理
      └─追い詰めた状況の貴重な記録にもなる
posted by curren at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 - 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。